2011年5月10日火曜日

薬物事犯受刑者 社会復帰の際の包括的支援について

高齢者や知的障害者などの再犯が問題視されるようになり、国も地域生活定着支援事業を創設、各地に支援センターを設立するなど受刑者が円滑に社会復帰できるよう対策が講じられるようになっています。
 しかし、まだまだ薬物依存症者は支援のネットワークから取り残されている現状があるのではないでしょうか。大阪や京都、東京で継続してきた、出所してきた薬物依存症者への支援現状と課題を踏まえながら、今後の薬物事犯の社会復帰の支援について検討するフォーラムです。

講師
丸山泰弘(立正大学)
益子千枝(大阪府地域生活定着支援センター)
加藤武士(京都ダルク)
阪本高司(大阪ダルク)
受刑後社会復帰経験者(ダルクのなかま)
コーディネーター:谷口伊三美(フリーダム)

2011年5月14日(土)
場所:大阪弁護士会館
主催:フリーダム、大阪ダルク、京都ダルク
共催:大阪弁護士会刑事弁護委員会

13時半より開始
受け付けは13時15分からです