2010年3月21日日曜日

出逢いと再会

 今日は初夏のような陽気でした。一気に桜の開花が進みそう。
冷房の効いた電車に揺られ、「大阪社会福祉士会中河内支部研修会」
に参加して来ました。講演までの時間、陽気に誘われ、近くを散歩する
ことが出来ました。専門家への講演という事で緊張気味の自分。
空を眺め、風を感じ、太陽を浴びてリラックス。

 40名程の社会福祉士の方が、熱心な顔でこちらを見ています。
いつものようにありのままを伝えるだけ。自分の薬物使用に到る経緯、
初めての使用から、家庭崩壊、自殺未遂、東京ダルクとの出逢い、
退寮、再発、名古屋ダルクでの止め始めることが出来た、なかまの思いやり、
社会復帰、結婚、離婚、うつ病、再び始めることの大変さなど、
皆さん、静かに真剣に聴いてくれています。
 大阪ダルクの活動、自助グループの大切さ、家族の方のケアなど、
あっという間の1時間半でした。
 質問も沢山出ました。社会資源としてのダルク、選択肢の一つであるダルク、
社会福祉士の方へのメッセージは「良きサポート、パートナーシップ」
横の繋がりが不足している現実の中で、色んなことが伝えられたような
気がします。
 貴重な時間を共に過ごす事が出来て、ありがとうございます。
また、皆さまに逢えるような気がします。

 とんぼ返りで夜のNAミーティングへ。
イスタンブールダルクの青山氏と再会^^。相変らずの姿を見て安心しました。
俺は俺でいいと、思い出させてくれました。大阪ダルクの利用者も再会を
分かち合っていました。行動することで出逢いから出逢いが生まれます。
 銭湯で笑い、思わず誘われるまま、天王寺まで行っちゃいました。
「笑顔、笑顔、笑顔。」
 かつて、自分がもう一度、なかまと笑いたいと想ったことが、
今日も叶えられています。

0 件のコメント: