2010年1月26日火曜日

あしたの空

 最近、テレビのCMで流れている「すごくおいしいうた」に心が留まった。
有名なアナウンサーと子どもとのやりとり。
 ほんわかした雰囲気の心温まるシーンが印象深い。
流れている「あしたの空」という唄に感動する。
 「空」を観るのが好きな自分にとって身近に感じたのかな。

 「きょうの空」は快晴^^。予報よりも暖かい。
最近の自分は周りの出来事に囚われ、自分の与えられたこと、
やるべきことを、ちょっと見失っている。トホホ。
 「空」からは、受け入れる事、赦す事っていうメッセージが届いた。

 先日、学校講演で兵庫県立長田高校に出掛けた。
奇麗な校舎。震災のあとに建てられたと思ったが、先生に聞くと、
震災の時には既に建てられていて、避難所になったらしい。
高校1年生への講演。震災のあとに生まれた年代。
月日の早さを感じる。
 かつて、大学受験のために訪れた場所。懐かしく思い出した。
受ける大学に悉く落ち、生まれて初めて涙を流した。
 9コ目に受けた大学にやっと受かり、通い始めたが馴染めず、
薬物を覚えた18才の頃。自分の生まれ変わる原点。

 講堂に案内され、演壇に立つ。みんな寒そうにしている。
自分も寒いけど話し出すと、そんなことも忘れていつものように体験を伝える。
 上から話すのは苦手で、生徒さんと同じ目線になるように、
舞台の下に机を用意してもらうのを忘れていた。
 みんなの表情、目が見えないから。静かに聴いてくれた。
最後の方になるにつれ、みんなの顔が上がって来た。目が合う様になった。
 質問もたくさん出た。自分の話しに寒い中、眠たい中、お疲れさまでした。
ありがとうございます。
 理解してもらうことは難しいことは体験で知っている。伝えることが
出来ることも、、、。少しでも薬物の怖さ、身近な問題であること、
色んな心の問題に通じること。自由には責任があること。
 伝わっていることを望みながら、学校を後にした。

 新しい出逢いが与えられたことにありがとう。




 

0 件のコメント: