2009年6月30日火曜日

時間をかけて関係も変わる

 今日は朝から、警察署に面会に行った。
そこには、初めて逢うなかまがいた。
 いつものようにダルクの説明をし、資料を送ると伝え、
笑顔で、待ってるねと話しかける。相手の顔が安心したような、
表情に変わる。

 午後から、収監されたなかまのいる大阪拘置所に行く。
何とも云えない感情の中、順番を待つ。
番号を呼ばれて、利用者と部屋に入る。
少し小さく見えるなかまがそこに現れた。
精一杯の笑顔をなかまは見せてくれた。
この前まで一緒にプログラムをしていたのに、
不思議な感覚。手紙を書いた。手紙が届いた。
刑を終え、必ずまた一緒に、歩けると確信できた。
 今もその笑顔が浮かぶ。

夜、名古屋の真也から電話が入った。
自分が仕事ができなくなり、再び、助けを求めた名古屋ダルクの責任者。
元々、自分がそのなかまを出迎えた。10数年前の9月4日。
なかまのお通夜の日だった。
まさか、数年後、そのなかまに頭を下げて、頼むとは、
想ってもいなかった。そのなかまは自分より、戸惑い、
悲しかったと想う。優しく、シャイな、人間関係の下手ななかま。
自分と同じ薬物で、似ている。
 あれから4年。自分は地元に戻り、20周年のフォーラムの時、
名古屋での出来事が過去になった。
ゆっくり、話したかったけど、時間がなかった。
 電話を貰い、嬉しかった。出逢った頃の様に話せた。
大阪に来た時はゆっくり食事でもし、泊まって欲しいと伝えた。
 一番、気になっていた名古屋での胸の痞えが取れたように
思えた。願いが叶った。
 二人には4年の時間が必要だったんやなぁー。
ミーティングに出続け、離れなければ、
時間をかけて、関係も変わる。「感謝します。」
                 
                 大阪ダルク 笠嶋 敏



0 件のコメント: