2009年5月26日火曜日

「安心して語れる場所」

 今回はフリーダムの家族プログラムに参加して戴いている
櫻井さんに、書いていただきました。毎月、行われている「いちげんや会」
の帰り道に、急に頼んだにも関わらず、快く(?)受けてくれました。
 ありがとう。    大阪ダルク  笠嶋 敏

 「はじめまして、毎月、第1、第3土曜日にフリーダムで行われている
家族グループにお邪魔させてもらっています、櫻井です。
普段は大阪市で、生活保護の担当をして働いています。仕事に就いて4月で
2年になりましたが、まだまだわからないことばかりで、てんやわんやな毎日です。

 フリーダムの家族グループには、参加させてもらってもうすぐ1年になります。
同じ内容のプログラムでも、毎回、家族の方が話されることが違います。
私も学ばせてもらうことが沢山で、毎回、感じることや気づくことが違います。
きっと、「その時」「その場」でしか得られない何かがあるんだと思います。
 そして、そんなかけがえのない何かに、気づくことのできる
「安心して話せる人と場所」の大切さを、改めて実感しました。
それは、家族とか、本人とか、薬を使ってるとか、使ったことがないとか
関係なく、みんなに必要な場所であることに、気付かせて貰いました。
 同じような経験をした、同じように感じたことがある、同じような価値観を
持ってる、全然違う考えの人もいる。ひとりひとり違う。
 いろんな人が語る言葉を聴くことで、みんな何かを抱えながらも、
自分の人生を生きてることを、教えて貰い、自分にはなかった新しい価値観や、
考えに出逢うことができる。
 私は4月から大阪に来て、そんな素敵な場所に出逢えることが増えました。
とても感謝しています。「安心して語れる場所」があるからこそ、
自分でも知らない内に、大切な何かに気付くことができるような気がします。
 私自身も、もっともっと、そんな「出逢い」と「場所」を大切にして行きたい
と思っています。
 これからも、ちょこちょこ、いろんな所に顔を出させてもらうかも
知れませんが、どうぞ、よろしくお願いします。」

                      東淀川区保健福祉センター  櫻井 智子

0 件のコメント: