2009年3月26日木曜日

鹿児島ダルク開設フォーラムに参加して

 大阪でも桜が咲き始めました。風が強く、東淀川駅からダルクに向う途中、
一枚の花びらがひらひらと舞っていました。桜の花の美しさ、潔さに、
この時期、いつも感動させてもらえます。
 ダルクの移転先が決まりました。来年は新たな場所で、
ダルク近くの桜からどんなメッセージを貰えるでしょう、、、。

 去る3月21日、昨年5月に開所された鹿児島ダルクの開設フォーラムに
なかまと参加して来ました。
 鹿児島ダルクは宮崎ダルクの施設長が、4年間の活動の上、
開所されたとの事。車で3時間かけ、通い続け、何もないところから、、。
逆風の中での準備だったと思います。
「信じて、行動して、委ねる。」ダルクで教えてもらう新しい生き方です。
 女性の入寮施設が少ない中、同じ女性のグループホームを
開いている大阪ダルクにとって、今後、交流が増えることと思います。

   開設フォーラムでの戸山さんの顔は清々しく、大勢の支援者、関係者
の方が参加されました。
 今回、自分はどうしても参加したい理由がありました。
21年前、東京ダルクで共に入寮し、本当に自分の我が儘を受け入れて、
サポートしてくれた河野さんに逢いたかったのです。
 名古屋に旅立つ時も、東京駅まで送ってくれた命の恩人のひとりです。
再開出来た喜びは言葉では言い表せません。
 近藤さん、外山さん、河野さん、ダルク創設期の3人の恩人に
今回、逢う事が出来ました。
 46才にもなると、自分の為に愛を持って、心から叱ってくれる人は
少なくなります。傲慢な自分には必要な出逢いでした。

   鹿児島に行ってもプログラムは変わりません。夜はNAミーティング、
2日目は鹿児島ダルクに朝から行き、ミーティングに参加させて
貰いました。そこは手作りの家具に囲まれた、愛を感じる場所でした。
 一緒に行ったアキラは、作ってくれたカレーを一杯食べ、
畳に寝転び、いびきをかいていました。安心できる場所なんだなぁって
嬉しくなりました。
 アキラとダルク近くの城山公園を歩きながら、12月1日に出逢い、
3月には二人で鹿児島に来て、散歩している。
予想もしていなかっった事が、通い続け、止め続けている中では
実現されて行きます。
 桜が満開でした。風は暖かく包んでくれました。
帰り道にトランプを買って、みんなで大富豪をしました。
笑い声が溢れていました。
 来て良かった。古いなかまとの繋がりの中で、
新しい出逢いが与えられます。自分一人の力は小さいけれど、
出逢いを重ねる度に、分かち合いの中で、勇気を貰えます。
 また、心の財産が増えました。
アキラもきっと、何かを感じて、得たものがあったと思います。
二人で清々しい気持ちで大阪の地に戻って来ました。
 今度はなかまと何処に行こうかな、、、。
三河ダルクのフォーラムが4月に待っています。
 
 宮崎、鹿児島ダルクのみんな、おめでとう。ありがとう、、、。



 

0 件のコメント: